2021年03月17日

FW 粟ヶ岳&御前崎灯台

FW 粟ヶ岳&御前崎灯台 今回のフィールドワークは、粟ヶ岳と御前崎灯台です。
粟ヶ岳は、去年の6月に初めてのフィールドワークとして出かけた場所です。
世界農業遺産の茶草場農法が行われている地域です。
御前崎灯台は、静岡県最南端の場所にあります。
伊豆半島よりも南に突き出しているなんて意外ですね!
 

FW 粟ヶ岳&御前崎灯台

FW 粟ヶ岳&御前崎灯台 粟ヶ岳では、茶草場農法について学んだり、神社にお参りをしたり、神様が降り立ったとされる巨岩の割れ目を覗いたりしました。
山頂の展望台からの景色がとてもよかったです。
去年のフィールドワークに参加した生徒は、茶草場農法についてみんなに説明してくれました。
勉強したことがしっかり身についていてすばらしいですね!

 

FW 粟ヶ岳&御前崎灯台 灯台は、残念ながら中に入って見学することはできませんでしたが、どっしりとした存在感があり、海の安全を見守っているんだなあと感じました。
灯台のすぐそばにある見晴らし台からは、雄大な景色を味わうことができました。
 

FW 粟ヶ岳&御前崎灯台 ただ、とにかく風が強かった!
海風がびゅうびゅうと吹いていて、しっかり立っていないとよろけてしまいそうでした。
時折巻き上げられた砂が当たってちょっぴり痛い・・・
生徒たちは風上に向かって走ってみたり、全身で風を浴びてみたり、なんだかんだと楽しそうにしていました。
思い思いのポーズが面白くて写真を撮ろうとしましたが、構えたタブレットも風を受けてしまい撮影しづらかったです(笑)

FW 粟ヶ岳&御前崎灯台 少し砂浜に降りてみました。
流木でできた謎のテント?を覗いてみたり、貝殻を拾ってみたり、磯の生き物を探してみたり、寒そうに歩いてみたり(笑)
個性がでて面白いですね。
巻貝の貝殻を耳にあてて、音を聞いている生徒もいました。

FW 粟ヶ岳&御前崎灯台

FW 粟ヶ岳&御前崎灯台

FW 粟ヶ岳&御前崎灯台 おまけでお花畑に立ち寄りました。
菜の花が一面に咲いていてとてもきれいです!
お花に囲まれ、穏やかに過ごしました。


2021年03月11日

FW 食虫植物展

FW 食虫植物展 今回のフィールドワークは、ふじのくに地球環境史ミュージアムで開催されている「食虫植物-シンカのからくり-」という展覧会です。

ふじのくに地球環境史ミュージアムは、自然と人間のかかわりをテーマとした博物館です。
静岡県の自然の多様性や食物連鎖のしくみを学びながら、文明発展と自然とのバランス、未来の豊かさの形にも考えを向けることができる展示になっています。
展示の多くは本物の生き物の標本であり、模型よりもリアルに観察ができるのも魅力です。


企画展の部屋に進む前に、常設展も見ていきます。
職員さんが説明を加えてくれることも多く、興味深いお話がたくさん聞けました。
大きな水槽のようなホルマリン保存液槽に展示されている深海のサメ、こんなに大きくてもまだ子どもなんだそうです。
「ここにある穴でお水をろ過して、きれいな酸素だけを取り込んで、いらなくなったお水や不純物はエラから吐き出しているんだよ」という説明を、生徒たちは真剣な表情で聞いていました。
 

FW 食虫植物展 企画展のほうに進んでいくと、壁一面にウツボカズラの標本がぶら下がっていて、なかなか不思議な光景が広がっていました。
食虫植物と聞くと、ウツボカズラのようにツボの中に落として捕食するものと、ハエトリソウのように虫が乗ったらパクッと口を閉じて捕食するものが代表的に思えます。
しかし他にも、粘液のある葉にくっつけてそのまま捕食するものや、ミジンコなどを食べる水草タイプのものなど、さまざまな種類があることが分かりました。
食虫植物たちの捕食シーンを捉えた映像が上映されていましたが、けっこう瞬発力があって面白かったです。
また、冬虫夏草というものの展示もありました。
これは菌類の一種で、冬には虫などの生き物に寄生して栄養を奪い、温かくなるとキノコとしてのびてくるという生き物です。中国では薬として使用されています。
静岡県には、これらの生き物も含め、希少な植物が生息している割合が高く、多様性に富んでいるということも説明されていました。

普段あまり馴染みのない植物たちの展示に、生徒たちは興味深そうにしていました。
「うちに食虫植物を置けば防虫になるかも・・・!」と検討する声も聞こえましたよ。
来年度の2年生は生物基礎の授業があるので、興味があればマイプロで取り扱ってみても面白いと思います。
 

FW 食虫植物展 休憩コーナーで一休み。
図鑑カフェという名前の通り、図鑑や写真集がずらりと並んでいて、自由に閲覧することができます。
気になった図鑑を開いてみる生徒もいれば、疲れて休憩に専念する生徒も(笑)
体力つけていかないとね!


食虫植物や冬虫夏草の展示はあまり見かけないもので、面白い経験ができたことと思います。
生徒たちが現在興味を持っていることや好きなことを伸ばすのはもちろんのこと、まだ出会っていないものと出会い、興味関心を広げていくことのお手伝いを今後も続けていきたいです。
 


2021年03月03日

ムーミン展

ムーミン展 今日のフィールドワークはムーミン展です。
実はムーミンのことをよく知らないという生徒たち。
確かに、グッズや小物のキャラクターとしては見たことがあるけど、ストーリーなどは意外と知らないかもしれません。


展示は、ムーミンのお話と、それに描かれている挿絵が中心でした。
本の挿絵ということで、思っていたよりもだいぶ小さな絵が飾られていて驚きました。
スマホの画面の半分くらいの大きさでしょうか。
近くに寄ってまじまじと見てみたくなりますが、生徒たちは「足元のテープをはみ出して近づかないでね」という注意事項を守って、お行儀よく鑑賞していました。
また、ポスターや広告、生活雑貨などにデザインされたムーミンたちの展示もあり、さまざまな場面で愛されているキャラクターなのだなと感じました。


作者のトーベ・ヤンソンさんがフィンランド出身ということもあり、ムーミン雑貨のデザインは北欧テイストのものが多かったです。
最近流行りの北欧デザインについてマイプロで調べてみるのもいいなと思いました。


さすが世界で愛されるキャラクターというべきか、平日にしては少し人が多く、時間が少し足りなくなってしまいました。
中には全部回りきれた!という生徒もいましたが(笑)
すべてを見て回ることはできませんでしたが、イラスト・美術の面、デザインの面、広告の面など、今後の学習の端緒になるポイントはたくさんあったかと思います。
 

ムーミン展 また、美術館に行く前に、駿府匠宿という体験工房の施設に立ち寄り、見学させてもらいました。
染物や竹細工、陶芸など、工芸の体験ができます。
完成品の販売コーナーもあり、見ているだけでも楽しいところです。
和風の建物や庭園がとても落ち着く雰囲気を作っています。
今後、伝統工芸に興味のある生徒がいれば、ぜひ体験をしたいなあと思います。


2021年02月17日

プログラミングに挑戦!

プログラミングに挑戦! プログラミング教室をおこないました。
今回はScratchというソフトを使用し、ねずみを動かすゲームを作りました。
一つずつ指示を打ち込んでいき、プログラムを動かしていきます。
 

プログラミングに挑戦! 開始の合図は「スペースキーを押す」こと。
そのあと、どの物体が・どれくらいの距離を・どれくらいの時間(もしくはいつまで)・・・といった条件を付けくわえながら動き方の指示をします。
このソフトは、左側にあるコードのリストから指示を選び、ドラッグして右側のスペースで組み合わせていくことでプログラムの作成ができるようです。
プログラミングというと、難しそうなコードとか、C言語などといったものがイメージされてしまい、「面白そうだけどなんだかとっつきにくいなあ・・・」という印象でしたが、これならば気軽に仕組みを学ぶことができそうです!


最初は教えてもらいながらこわごわとコードをいじっていた生徒たちですが、みるみるうちに夢中になっていきました。
(1)プレイヤーが操作するキャラクター
(2)プレイヤーを追いかけ、敵となるキャラクター
(3)ポイントを得ることができるアイテム
の3つの要素を主にアレンジしていくのですが、それぞれの個性が光るゲームができていきました。
ステージの背景を変えたり、プレイヤーキャラや敵キャラを変えたりといったことはもちろん、敵の数を増やす、ゲームオーバー画面を工夫する、効果音を追加するなど、アイデアにあふれたゲームばかりでした。


生徒たちにとっても自信作ができあがったようで、「先生ちょっとやってみてよ!」とお試しプレイに誘ってくれましたよ。
すごく面白くて、うっかり遊びすぎちゃいました(笑)
帰る時間ギリギリまでゲーム作りを楽しんでいた生徒たちは、「これ昼休みにも作って遊べるじゃん!」とかなりハマった様子。
次の力作を期待しています!
 


2021年02月13日

マイプロ発表会

マイプロ発表会 マイプロ発表会、とうとう本番です。
「早寝しようと思ったのに、緊張しちゃって寝付けなかった」という声も聞こえました。
練習を重ね、準備してきたことを信じてがんばろう!

お客様が増えてくると、生徒たちの緊張も高まっていきます。
生徒たちだけじゃなく、職員もそわそわしていたのは内緒です(笑)
保護者の方はもちろん、学園長、進学希望の中学生、放課後等デイサービスの利用者さんたちも見に来て下さいました。
これまでで一番の大舞台ですが、練習量も準備期間もこれまでで一番の量です!
緊張しつつも、落ち着いた雰囲気で開会しました。
 

マイプロ発表会

マイプロ発表会

マイプロ発表会 3人とも、練習したことを生かし、前を向いてはきはきと発表をすることができました。
練習の中で指摘されたことを意識しているのが伝わってきました。
内容についても、自分の興味関心に基づいてテーマ設定をし、得意なことを生かして研究・まとめができたということがよくわかりました。
4月から取り組んできたマイプロの集大成としてふさわしい発表だったのではないかと思います。
後輩たちにとってもいい目標になることでしょう。

マイプロ発表会 発表会のあとは、展示してあるマイプロを見ながら、がんばったところ、苦労したところなどをおうちの方にお話ししていました。
見に来てくれた職員や中学生にも、どんなマイプロなのかを説明したり、次の目標を話したりして、発表会が終わった後も盛り上がりました。


今日の発表会で、今年度のマイプロ制作はひと区切りとなります。
初めて取り組む自由研究形式の課題に戸惑うことも多かったと思いますが、最後まで粘り強く取り組むことができました。
いろいろな壁を乗り越えながら、本当によくがんばりました!

生徒たちはすでに来年度のマイプロ制作に気持ちが向いています。
テーマ設定で悩んでいた春先がはるか昔のことに感じるほど、頼もしく成長しています!
次はどんな研究が始まるのか、とてもわくわくしますね♪





カレンダー
«   2022年08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新の記事

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは


タグ一覧

投稿者一覧


このページのトップへ

Copyright (C) Reiwa Sakura Koutou Gakuin 2019. All Rights Reserved.